W400は現在既に販売が終了したモデルです。年々厳しくなっていった排出ガスの規制強化によって、Wシリーズが採用する空冷式エンジンではエンジンの温度を抑えることが難しくなったからです。2008年に販売が終了しているとはいえ、台数が結構出回っているので中古相場は30~60万くらいとそれほど高くはありません。

ただ古い年式の方が価格が安くなる傾向があるので、購入する時は年式を確認の上、相場と照らし合わせて判断いただくのがベストかと思います。

W400の特徴

W650をダウンサイジングし、普通自動二輪車免許で乗ることが可能になったこのモデルは、車高が低くなったため足つきも良くなり扱いが楽になっています。またエンジンが2気筒なのでバランスが良く、メンテナンスも比較的楽です。スピードや低速トルクを楽しむタイプのバイクではないので、のんびりツーリングを楽しみたい方や、街乗りメインの方、そしてそのトラディショナルなデザインを楽しみたい方にお勧めしたいバイクです。カスタムを楽しみたい方には、W650のパーツで流用できるものが多いのが助かります。

中古購入時のアドバイス

関東のカワサキ正規取扱店25店が集まって結成されたカワサキCS2グループというものがあります。彼らは正規取扱店だからこそ持つその知識を活かし、独自の認定中古車制度を行っています。この認定を受けた中古車は、幾つものサービスや保証を受けることができるので、中古バイク購入に不安があるという方は、その認定を受けた中古車を中心にW400を探していただければと思います。